M.N

2010年度 新卒入社

ー 主な業務内容をお聞かせください。

送電線の張り替えなど保守点検の作業において自分がメインで作業を行うことや先輩の補助や後輩への指導です。

ー 上記業務の他に発生する業務を一つお聞かせください。

災害が起きた場合は送電線の点検や復旧作業をします。

ー 部署としてはどのような業務をする部署でしょうか。

送電線の新設工事、張り替え工事、保守点検などを行う部署です。

ー ETSに入社を決めた理由

学生の時に現場見学に来た際に先輩方の作業する姿が格好良いと思ったのと、珍しい仕事・滅多に出来ない仕事をしてみたいと思ったのが決めた理由です。

ー 入社して驚いたこと。

高い所に昇って作業するとは知っていましたが、送電線が出来るまでには調査して基礎、組み立て、架線と色々な作業があって送電線が出来ているということにとても驚きました。また先輩方の作業する早さに驚きました。

ー 業務を行う上で大切にしているや意識していることは。

安全に早く作業し、より良い製品を作ること、また、この仕事は絶対に1人では出来ないので連絡や話し合いを密に行い、意思疎通を取り合いチームワークを大切にしています。信頼できる仲間がいるからこそ安全に作業出来ます。

ー 施行管理職(電工職)として働くことの魅力ややりがい。

高い所に昇る仕事は沢山あるけど自分達送電屋は宙乗り作業と言って自分の体だけで電線に乗りバランスを保ちながら両手で色々な工具を使い作業します。それが自分は一番好きな作業で、他の仕事では味わえない、送電屋にしか出来ない作業で魅力を感じます。それだけではなく一人では絶対に出来ない仕事なのでチームワークを大切にし、仲間を思いやることも学べ、協調性も高めることも出来ます。他にも色々と自分を成長させる事が多い職種だと思いとてもやりがいが感じます。送電屋がいるから電気が流れて生活が出来ています。この仕事に就いたからには大変な日もありますがみなさまが安心して電気を使い生活できるようにするには自分達が居るからと思うと、とても誇りに感じます。

ー 現場や失敗で学んだこと。

安全最優先で作業していますが自分1人の危険な行動が時には仲間までにも危険な目に合わせる場合があります。1人1人が自分の作業内容、役割を把握して自分の現場からは災害は絶対に出さないように毎日仕事しています。

ー 大変だったことはありますか。

外で作業する仕事なので、天候にも左右され作業が進まないこともありますが、あまりひどくない限りは雨でも風でも雪でも仕事します。夏は暑いし冬は寒いですが、それが現場仕事だと思っています。天候だけではなく危険な作業も多いので仕事を覚えるまでは先輩に厳しく注意されます。自分もそうでした。ですが先輩方は、早く仕事を覚えさせ私たちと一緒に仕事したいため、時に厳しくなります。

ー 反対に嬉しかったことはありますか。

大変なこともありますが、大変な中だからこそ、自分の技術・技能が上達し、その結果出来なかったことが出来るようになった時や作業スピードが前よりも早くなった時にはとても嬉しいです。仲間と協力し安全に良い製品を作り上げ電力さんに渡し無事に電気が流れた時は安全に現場を終えられることに、とてもほっとします。

ー 今後チャレンジしたい事は何ですか。

もっと技術や技能を磨き、会社に貢献しまだまだ未熟ですがもっと仕事を覚えて頼れる班長になりたいです。さらに人をまとめてみんなを引っ張っていく力を付けて電工長またはマスターラインマンになりたいです。

ー 今後のキャリアについて。

もっと技術や技能を磨き、会社に貢献しまだまだ未熟ですがもっと仕事を覚えて頼れる班長になりたいです。さらに人をまとめてみんなを引っ張っていく力を付けて電工長またはマスターラインマンになりたいです。

ー どんな人がETSの施行管理職(電工職)に向いていると思いますか。

勉強が出来る・出来ないはあまり関係ないです。体力も最低限あれば大丈夫です。仕事を頑張っていればついてきます。元気に挨拶・返事が出来る、やる気がある、根性がある、素直であることが必要です。

ー 施工管理職(電工職)に求められるスキルとは何でしょうか。

勉強が出来る・出来ないはあまり関係ないです。体力も最低限あれば大丈夫です。仕事を頑張っていればついてきます。元気に挨拶・返事が出来る、やる気がある、根性がある、素直であることが必要です。

ー 最後に施工管理職(電工職)に興味がある人に向けてメッセージをお願いします。

今送電屋は全国的に少なくなっています。だからこそ若い力が必要です。絶対に何か自分なりに得る物があると思います。本当に体力的にも精神的にも成長できる職種で自分はこの仲間に出会って日々成長できています。送電業界をもっと盛り上げたいです。最初は誰もすぐには一人前にはなれません。今の自分もまだまだ一人前ではないです。でも自分もそうだったように先輩が優しく時には厳しく一生懸命指導してくれます。送電線工事に興味がある方や、やってみたいと思う方はETSの直営班で一緒に仕事しましょう、楽しみに待っています。

CONTACT

お問合せ