廃棄物最大1/10減量

廃棄物乾燥減量処理機 メルトキング

3つのポイント

  • 01

    ゴミの量を1/5〜1/10に減量して
    コストダウン

    環境に配慮した「間接加熱方式」により処理物をゴミの量を1/5〜1/10に減量。感染性廃棄物は、非感染性になるため、処理費用も一般単価になり大幅なコストダウンが期待できます。

  • 02

    信頼と実績のある
    環境と人にやさしいシステム

    間接加熱によりダストの飛散がなく、焼却しない為ダイオキシンが発生しません。 ゴミを入れたビニール袋ごと処理が可能なので、分別作業もなくなります。南極の昭和基地でも採用されている環境と人にやさしい信頼のシステムです。

  • 03

    操作性と安全性
    追求した簡単操作

    減量室と脱臭室は共に二重構造となっており、高い安全性を確保しています。自動運転ですので処理物の投入と排出作業以外は操作が要りません。また、メルトキングは焼却炉ではありませんので、許可申請は不要です。

処理できるゴミ

  • 処理可能

    生野菜類、果実類、食堂の生ゴミ、食品加工業の生ゴミ、米類、残飯類、麺類(うどん、そば類)、おから、脱脂汚泥(油分を含んでいないもの)、海藻類、ゴミを入れたビニール(塩化ビニールは除く)、感染症医療廃棄物 (おむつ、脱脂綿、ガーゼ等)

  • 条件付き

    肉類(投入量:生ゴミに対し重量比20%以下)、魚類(投入量:生ゴミに対し重量比30%以下)、麺類、アルコール分含む(投入量:生ゴミに対し重量比60%以下)、ビニール(投入量:生ゴミに対し重量比15%以下)、動物性油脂(投入量:生ゴミに対し重量比10%以下)、乳製品(投入量:生ゴミに対し重量比50%以下)、発泡スチロール類、プラスチック類

  • 不可能

    塩化ビニール、ガラス、ビン類、油類(石油、廃油等)、アルコール含有製品、揮発性ガス含有製品、本、雑誌類(重なった紙類)、木片、金属類、油分を含んでいる汚泥、魚肉類、乳製品、動物性油脂、ビニールなどの単独処理

圧縮イメージ

メルトキングでゴミを圧縮したもの

よくあるご質問

  • ゴミの種類は何でも大丈夫ですか?

    処理可能なもの、不可能なものがありますので、表記のもの以外はお問合せください。

  • こちらの機械は焼却炉ですか?

    いいえ。燃焼させないので焼却炉には該当しません。もちろん煙やにおいも出ません。

  • 導入事例を教えてください

    幅広いお客様にご利用頂いております。
    病院・老人ホーム・南極昭和基地・食品工場・小売店・スーパー・ホテル・ゴルフ場・大学 など

お問い合わせ

ご訪問ありがとうございます。
まずはお気軽にご相談ください。

会社名
所在地
ご担当者様氏名
ご担当者様の部署、お役職
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

会社情報

100年の伝統から100年の未来へ
  • 商号

    株式会社ETSホールディングス(英文名 ETS Holdings Co.,Ltd.)
  • 代表

    代表取締役社長 三森 茂
  • 創業

    大正11年(1922年)2月
  • 株式

    東京証券取引所ジャスダック市場
  • 本社所在地

    〒171-0022
    東京都豊島区南池袋一丁目10番13号

    Tel.
    03-5957-7661
    (大代表)